無料カウンセリング予約受付中!!
無料カウンセリング
ご予約受付電話番号0120-811-817カワイイ-ハイナ

Column

コラム

2018.10.10

矯正装置について kawaii矯正は新しい「楽しむ矯正」!

みなさんこんにちは、K Braces矯正歯科原宿駅前 院長の小林 聡美です。

今回は、いよいよkawaii矯正についでお話したいと思います。

このホームページのあちこちにkawaiiグッズやカラーモジュールなどについて説明していますし、InstagramやFacebookページでも紹介をしておりますので、大体のことはお分かりいただけているかもしれません。

インスタグラムはこちら

Facebookページはこちら

そこでこのコラムでは、もう少し突っ込んだお話をさせていただければと思います!

もっともっと「歯並び」を理解してほしい!

私は、歯科医師として働き出してからずっと矯正治療に関わってきました。
東京の矯正専門医で経験を積みながら、美容医療の勉強も欠かさず続けてきました。

そして今までの経験から本当に強く感じているのが、皆さんにもっと歯並びの大切さをわかってほしいということです。
今の日本人のほとんどが矯正治療が必要な歯並びだと思っています。

お顔の見た目を整える…その根本に「歯列矯正」があります

皆さん毎日鏡を見て、髪型を整え、女性ならお化粧をし、そして仕事や学校に行かれていると思います。

当然身だしなみを整えている際に、自分の歯が目に入りますよね。
その時に「歯並びがなんとなく気になるな…」と口元を感じられる方は少なくないはず。

そうなのにも関わらず「矯正治療までは必要ないや….」と思っている人たちはとても多いと思いますし、むしろほとんどの方が「矯正治療をする」というイメージすら持たないのではないかな、と思っています。

これはなぜなのだろう?と、いつも考えていました。

「八重歯がかわいい」という歴史の影響?

かつて「八重歯がかわいい♡」と言われた時代があり、八重歯が人気のアイドル歌手などもいらっしゃいましたが、私はそのような時代は過去のものだと思っていした。
でも今の若い世代の人でも八重歯がかわいいといっている人がいるのがわかり、正直驚きました。

理由は良く分かりませんが、ご両親の考え方、メディアでの取り上げ方、いろいろなことが要因として考えられます。
しかし、すべての人が完璧にそろった歯並びを見て美しいと感じます。自分もこんなきれいな歯ならびになりたいなと思うはずです。

もちろん矯正治療を行うことにハードルもあります。費用が高かったり、矯正中の生活が大変になったりもします。
しかし、それを乗り越えて得られる結果は、皆さんのこれからの人生にとってとてもプラスになると信じています。

「矯正恥ずかしい、隠したい」から「前向きに楽しむ」へ

さらに、今の日本の矯正治療の事情を見てみると、

裏側矯正、マウスピース矯正など見えにくい装置を使って治療をしていきましょう!

ということをほとんどの矯正専門医が提案しています。

 

もちろん見えない矯正は、それを気にする人には良い方法です。

これは裏を返すと矯正装置が見えることが恥ずかしいと思っているともいえます。

だから「矯正治療を楽しんじゃおう!」

K Braces矯正歯科原宿駅前は、この考え方に一石を投じたいと考えています。

矯正装置が見えることが恥ずかしいという考え方を過去のものにし、より矯正治療が日本の社会で認知されるようになってほしいと心から願っています。

kawaii矯正は、そのための1つの方法だと考えています。

矯正期間中を楽しみながら治療ができるということになれば「矯正治療を始めてみよう」とする人が増えていきます。

またファッション的な要素を取り入れ、若い世代の人に選んでもらうことができれば、矯正治療の発展に大きく貢献すると思っています。

矯正治療を前向きに、感謝の気持ちを持って。

そして、せっかく高い費用を出して行う矯正治療ですから、もっともっと前向きに考えてほしいです。

自分が矯正治療を受けることのできる環境にあることを喜んでほしいのです。

  • 学生の方ならお父さんお母さんに感謝の気持ちをこめて、
  • 大人の方ならこれからの新しい自分に期待をこめて、

矯正治療をしていることを自慢してほしいと思っています。

原宿でkawaii矯正を楽しんじゃおう!!

この言葉が今の私の気持ちそのままです。せひ一緒に新しい矯正ライフを楽しみましょう。

TOP