無料カウンセリング予約受付中!!
無料カウンセリング
ご予約受付電話番号0120-811-817

Column

コラム

2019.01.30

症例:歯の凸凹(叢生)と八重歯の犬歯を抜歯しての矯正治療例

みなさま、こんにちは。K Braces矯正歯科原宿駅前 院長の小林 聡美です。

これまで幾度か、八重歯に関する矯正治療例をご紹介してまいりました。

以下の記事もこちらの記事と併せてぜひお読み頂ければと思います。

コラム 症例:歯の凸凹(叢生)と八重歯の矯正治療例

コラム 症例:歯の凸凹(叢生)と八重歯の非抜歯での矯正治療例

今回も八重歯の治療例ですが、今までとは少し違うアプローチで行った例をご紹介します。

※今回の患者様の事例です。実際の治療は個人差がありますのであくまで参考とお考えください

犬歯を抜歯しての矯正治療を行いました

治療前の状態です

この患者様は、上顎左側の八重歯と上下の叢生の改善をご希望され来院されました。

こちらが治療前のお顔の写真です。

お顔の写真を見ても、全体的に歯列が斜めになっているような様子がよくわかります。

実際に口腔内の写真を見ると、この原因がよく分かります。

特に上顎の写真では、犬歯が完全に外側に飛び出ています。

このような場合は一般的には犬歯の1つ後ろの歯(第一小臼歯)を抜いて治療することが多いのですが、治療期間やその後の審美的な改善度により、犬歯自体を抜歯することもまれにあり、今回はこの珍しいケースとなりました。

可能な限り短期間での治療をご希望でした

この患者様の場合、可能な限り短い治療期間での改善を望まれていました。

なぜなら結婚式を控えていらっしゃったので、結婚式までにできるだけ改善する必要があったからです。

無料カウンセリングと診察で、犬歯と小臼歯を抜いた場合の違いをしっかりとご説明し、結果的に患者様は犬歯を抜いた場合での治療を選択されました。

  • 診断:上顎重度・下顎中等度の叢生、上顎左側犬歯の低位唇側転位
  • 治療法:上顎左側犬歯の抜歯、表側の矯正装置による治療
  • 治療期間:9ヶ月
  • リスク:治療中の虫歯の可能性、犬歯の抜歯による歯のバランスの不調和
  • 副作用:治療中の矯正装置による口内炎、上下正中線のズレの残存

結婚式に間に合った矯正治療

治療後の写真です。

治療前と比べるとはるかに歯列が整いました。

結婚式に間に合って本当に良かったと思っています。

口腔内のお写真もこの通り、すっきりしています。

治療期間は9ヶ月でした。

  • 歯の凸凹の改善:6ヶ月
  • 最終的な咬み合せと配列の調整:3ヶ月

今回の治療のポイント

片方の犬歯を抜くという少々難しい治療でしたが、バランスの良い咬みあわせを得ることができました。

そして何よりも、治療計画の段階でデジタル矯正システムによる三次元のシミュレーションを用いた評価がとても有効的でした。

実際に計画通りの治療結果を得ることができ、また9ヶ月の短い治療期間で治療を終了することが出来たことに患者様も大変満足されていました。

ご結婚、おめでとうございます!!

適切な診断とデジタル技術の利点を最大限に用いた治療方針を基にした矯正治療を行うことで、9ヶ月の治療期間でとても効果的な治療が行えることをお分かりいただけたと思います。


今後も、今回の治療例のように医療法の広告ガイドラインに添った適切な形式で、術前術後の症例をご紹介していきたいと思っています。

TOP