kawaii矯正®のコラム

  • HOME
  • コラム一覧
  • 【ガミースマイルのデメリット3選】原因と症状別治療法も解説!

【ガミースマイルのデメリット3選】原因と症状別治療法も解説!

2022.02.09
監修
K Braces矯正歯科原宿駅前
院長 小林聡美 Satomi Kobayashi
  • アメリカアラインテクノロジー社認定 インビザライン専門ドクター
  • デンツプライシロナ社認定 SureSmile Advance/Orhto/Aligner 認定クリニック院長
  • アラガン社認定 VST:Very Sophisticated Treatment 施注資格ドクター
都内矯正専門クリニック 院長を経て、
平成30年にK Braces矯正歯科原宿駅前院長就任。
発表論文、テレビ出演多数。
インスタグラム
YOUTUBE
LINE
facebook
ツイッター
 

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは、笑ったときに上あごの歯茎が多く見える状態を指します。普段は気にならないのに笑ったときだけ歯茎の露出が気になってしまうケースはガミースマイルだといえるでしょう。一般的には、上あごの歯茎が3~4mm以上見えている状態を指します。

ガミースマイルは、噛み合わせや歯並びなどに不具合がない場合、健康上・機能上の問題はないとされています。また、ガミースマイルをチャームポイントとして捉えている人もいるでしょう。しかし、歯茎の露出が多いことで歯茎自体が大きく見えるため、コンプレックスになっている人もいるようです。


 

ガミースマイルのデメリット

前述したように、ガミースマイルは噛み合わせなどに問題がない場合、機能的な害はありません。そのため、あまり気にならないという人もいるでしょう。

しかし、ガミースマイルも放っておくとデメリットも生じます。ここでは、ガミースマイルのデメリットを3つ紹介します。
 

コンプレックスになりうる

ガミースマイルのデメリットとして最初に挙げられるのが、コンプレックスになる可能性があることです。ガミースマイルは、笑った際に歯茎が見えすぎてしまうため、審美的な面でのデメリットが大きいでしょう。

歯茎が出っ張って見えるため、口元に注目されているように感じるという人もいるかもしれません。強くコンプレックスを抱いている場合、口元が気になって素直に笑えなくなってしまう、口元を隠して笑うようになるケースもあります。
 

口内環境が悪化しやすい

ガミースマイルは歯茎が出ている分、口の開け閉めがしにくく、口呼吸になることがあります。口呼吸となることで、口の中が乾燥することがデメリットの一つです。

唾液には細菌の繁殖を抑える殺菌作用や、口の中の食べかすを洗い流すという自浄作用があります。したがって、唾液が少なくなると殺菌作用や自浄作用が低下して、虫歯や歯周病などの口内トラブルにつながりやすいと考えられています。
 

海外に行く人は注意

今後海外に進出したいと考えている人にとって、ガミースマイルはデメリットになる可能性があります。特に、欧米は日本とは異なり歯に対する意識が非常に高いことが知られています。歯並びなどを気にする人も多く、歯列矯正やホワイトニングなどは日本より一般的です。

また、骨格的な違いから、欧米人にはガミースマイルが現れる割合が少ないといわれています。そのため、笑ったときに歯茎が大きく見えると驚かれる可能性もあるでしょう。しかし、歯並びの悪い欧米人もいるため、絶対に歯並びが良くなければいけないというわけではありません。
 

ガミースマイルの原因とは?



ガミースマイルはどのようなことが原因となって生じるのでしょうか。ガミースマイルの原因は大きく分けて、「歯並びや骨格」「上唇や筋肉」「歯茎や歯の大きさ」の3つに分けられます。以下では、それぞれの原因について詳しく解説します。
 

歯並びや骨格が原因

ガミースマイルの原因として、歯並びや骨格が挙げられます。例えば上あごが大きい、下あごが小さい、上あごの骨が長いなどの骨格的な特徴により、ガミースマイルになるケースです。日本人に限らずアジア人は、口周辺の骨が出っ張っているため、歯茎も長い傾向があります。

また、上顎前突症もガミースマイルの要因です。上顎前突症とは簡単にいえば「出っ歯」のことで、上の前歯が突き出して見える状態を指します。上の前歯が前方に出っ張って見える、上あごが前方に出ていることもガミースマイルの原因とされています。
 

上唇や筋肉が原因

もう一つガミースマイルの原因として考えられるのが、上唇や口周りの筋肉の状態です。口周りの筋肉が発達しすぎていると歯茎が見えやすくなる可能性があります。例えば、上唇周りの筋力が強い場合、笑ったときに上唇が上がりすぎてしまいます。このように、骨格や歯並びなどに問題がなくても、口周りの筋肉の状態でガミースマイルとなってしまう可能性があるのです。

また、唇の厚さが要因となる場合もあります。歯茎は口を開いていても唇に隠れているのが一般的です。しかし、唇が薄い場合には、本来であれば唇で隠れる部分の歯茎が隠れないため、結果として歯茎が大きく見えてしまいます。
 

歯茎や歯の大きさが原因

歯自体に問題があったり、歯茎に原因があったりするケースもあります。人によって歯の大きさは異なるものですが、歯の大きさが小さい場合には、ガミースマイルに見えてしまう場合があります。

また、歯肉の発達も要因の1つです。本来であれば歯が見える部分にまで、歯茎が被さってしまってしまうと、歯茎の面積そのものが大きくなり、笑ったときや口を大きく開けた場合に歯茎が目立ってしまいます。

歯茎や歯の大きさだけが要因でガミースマイルになるケースは少なく、歯並びや骨格などの要因と結びつきガミースマイルになる場合が多いようです。
 

ガミースマイルの治療法

ガミースマイルが気になってしまい思いっきり笑えない、人前に出るのが憂鬱というように、コンプレックスを強く感じている場合は、治療も選択肢の1つです。

治療法はガミースマイルの原因ごとに異なります。ここでは、ガミースマイルの原因ごとの治療法を解説します。
 

歯並びや骨格が原因の場合

口周りの骨や歯の突出が軽度な場合には、歯列矯正によってガミースマイルを治療することも可能です。しかし、骨の突出が大きい、出っ歯になっているなど骨格的な問題が大きい場合には、骨を切る手術が必要になるケースもあります。

また、歯列矯正と手術を組み合わせる方法もあります。
 

▶上あご骨切り手術

外科的に手術を行い、骨格上の問題を取り除く方法で、手術後に矯正治療が必要になるケースもあります。

外科手術によって根本的な原因を取り除くため、手術後にガミースマイルが元に戻ってしまう心配がほとんどなく、長期的な効果が得られる点は大きなメリットです。また、ガミースマイルが改善するだけでなく、横顔のシルエットも美しくなるといわれています。

ただし、外科的手術を行うため全身麻酔が必要で、術後2週間程度腫れる可能性もあります。ダウンタイムが必要となるため入院を伴うケースもあるでしょう。
 

▶矯正治療

歯並びや骨格の問題が軽度の場合には、歯列矯正によって対応できるケースもあります。一般的には、ワイヤー矯正に矯正用アンカースクリューを用いて治療を行います。歯茎の骨に矯正用アンカースクリューを設置し、前歯の位置を移動させていく治療です。

矯正治療では、噛み合わせや歯並びの矯正も可能です。また、大きな外科的手術を行わないため、ダウンタイムもほとんど必要なく入院などの必要もありません。

ただし、治療期間は長くかかりますし通院の必要もあります。矯正用アンカースクリューに汚れが溜まると炎症を起こす場合もあるため、清潔に保つことも心がけましょう。
 

上唇や筋肉が原因の場合

上唇を持ち上げる筋肉の発達が原因となるガミースマイルの場合には、ボツリヌス注射によって改善される可能性があります。ただし、ボトックス注射の場合には効果が3~6カ月と限定的です。上唇と歯茎の間の粘膜を切除してつなぎ合わせる外科的手術の場合は、効果が長持ちし後戻りしにくくなっています。
 

▶ボツリヌス治療

ボツリヌス治療とは、筋肉の緊張をほぐしてガミースマイルを改善する治療法です。ボツリヌスには、アセチルコリンという筋肉を動かす伝達物質の分泌を抑制する効果があります。筋肉を動かす物質の分泌が抑えられることで、筋肉の働きが弱まり、笑った際にも余計に唇が上がらなくなります。

ボツリヌス治療は口周りの筋肉に直接注射するだけで完了するため、手軽に行える点がメリットです。しかし、前述したように効果は3~6カ月程度と限定的で、期間が過ぎると自然に元に戻ってしまうため、定期的な治療が必要となります。

K Braces矯正歯科原宿駅前では、ガミースマイル改善に対する治療を積極的に行っており、上記のボツリヌス治療にも対応しております。専門教育を受けた歯科医師が治療にあたっておりますのでスタッフまでお問い合わせください。
 

歯茎や歯の大きさが原因の場合

歯茎や歯の大きさが原因となっている場合には歯肉切除を併用した治療を行うとよいでしょう。歯が小さすぎる場合にはかぶせ物で適切な大きさの歯冠を作製することもあります。また、2つの治療法を組み合わせるケースもあります。
 

▶歯肉切除

歯肉切除とは、本来なら歯が見える部分にまで被さっている歯肉を切除する手術です。歯茎を切除することで歯が大きく見え、ガミースマイルの改善が見込めます。一般的には、レーザーや電気メスなどを用いて歯茎のラインを整えて、歯と歯茎のバランスを調整します。

歯肉切除は1日で治療が完了するため、比較的気軽に手術可能です。また、上顎骨切り手術や上唇粘膜切除よりも術後の腫れや痛みが少ない傾向にあり、効果もすぐに実感できます。ただし、後戻りしやすいため、歯冠長延長術と組み合わせて治療するケースも多いようです。
 

ガミースマイルを治療しよう!

ガミースマイルは、笑ったときに上あごの歯茎が見えすぎる状態です。審美的な面からコンプレックスになりやすかったり、口内環境の悪化につながったりなどのデメリットがありますが、ガミースマイルは治療で治ります。自分に合った治療法を探して、治療しましょう。

K Braces矯正歯科原宿駅前では、矯正治療によるガミースマイルの改善が期待できます。矯正装置=シルバーというイメージを覆す楽しくかわいいアイテムを使った「kawaii矯正」ができるため、矯正装置が気になって矯正治療に踏み切れない人におすすめです。

また重度のガミースマイルにはサージェリーファーストでの外科治療にも対応しております。ぜひご相談ください。

 

<前のコラムへ   次のコラムへ>

【関連記事】
 
インスタグラム
YOUTUBE
LINE
facebook
ツイッター
お問い合わせ
kawaii矯正 K Braces
無料カウンセリング実施中
無料カウンセリング実施中