無料カウンセリング予約受付中!!
無料カウンセリング
ご予約受付電話番号0120-811-817

Column

コラム

2019.11.22

矯正治療に多用される顎間ゴム(エラスティック)とは

矯正治療で顎間ゴム(エラスティック)はよく使われ、とても重要なものですのでここで説明させて頂きます。矯正治療を受けられる方は皆さま、ぜひ目を通しておいてください。

矯正治療された方ならご存知の、あの「輪ゴム」です

顎間ゴムは矯正治療によく用いられ、非常に重要な役割を果たしています。

矯正治療では上下の歯の前後的、もしくは垂直的(上下)なバランスを改善するにあたり、輪ゴムを用いることがとても多いですが、この輪ゴムのこと顎間ゴムと呼びます。

上顎と下顎、顎と顎の間に用いられるのでそのように呼ばれています。

外したいときに外せる顎間ゴム

顎間ゴムは普段の生活で患者さまが着けたり外したり、また毎日の交換を行っていただくものです。

顎間ゴムは、顎のズレを改善したり歯を移動したりする役割を果たすため、ダイナミックにゴムがかけられます。

そのため外側からゴムが見えますし、喋りづらい、表情を作りづらい時などもありますので、支障がある際には外して頂けます。

顎間ゴム使用にあたりお願いすること

矯正治療を効率的に進めてできるだけ早く治療を終わらせられるよう、私たちから患者さまにお願いする大切な点です。

できるだけ長い時間着けていてください

上で説明したように、人前でお話をするときやお食事のときは外しても大丈夫なのですが、基本的に長い時間使用するほうが効果は高いです。

お仕事で重要な局面や、大切なイベントの時は外して頂いて大丈夫ですが、それ以外の時は着けてくださいね。

また外している時間が長いと、移動を始めた歯の位置が元に戻ろうとします。

せっかく頑張ってゴムを着けていただいている時間が無駄になってしまいますので頑張りましょう。

毎日交換してください

顎間ゴムはご自身で必ず毎日新しいゴムに交換してください。もちろん忘れてしまった時は、可能な限り早めに取り替えて頂ければ大丈夫です。

旅行や出張が多い方は化粧ポーチやカバンの中など、色々なところに入れている方も多いようです。

身近な方のご理解を得ておきましょう

このようにあまり外す時間を長くしたくない顎間ゴム。学校や職場などの身近な方にはできるだけ矯正についてのお話をしておくと良いかと思います。

普段の生活で色々と工夫されている方もいらっしゃいますので、ゴムでお悩みの方は治療の際にご質問頂ければお答えいたします。

次に、具体的なかけ方について見てみましょう。

顎間ゴムは様々なかけ方があります

症状に合わせて様々なかけ方があります。「何級」という呼ばれ方をしますが、それはゴムの種類ではなくかけ方の種類です。

前後的な改善の場合

出っ歯の顎間ゴムのかけ方:II級ゴム

この図は、II級ゴムと呼ばれる使用法です。

いわゆる上顎前突(出っ歯)の状態をII級と言い、このII級の状態を改善するために用いられるのでII級ゴムとなります。

出ている前歯を奥歯側に移動させるために、奥に引っ張るようにかけられていますね。

受け口の顎間ゴムのかけ方:III級ゴム

こちらはIII級ゴムと呼ばれる使用法です。

下顎前突(反対咬合・受け口)の状態を改善するために用いるものです。先ほどのII級ゴムとは上下顎逆に用い、上の奥歯が下の前歯を引っ張るような感じでかけます。

垂直的(上下)な改善の場合

垂直ゴムと呼ばれる使用法は、いわゆる開咬の状態を改善するために用いられます。Up and Downエラスティックとも言います。

画像を見るとかなりのズレが見られ、単なる「輪ゴム」のイメージですと本当に矯正されるのだろうかと思ってしまいますよね。

でも、ゴムが維持してくれるその力で、じわじわと矯正されていくのです。

裏側矯正でももちろん使われます

裏側矯正の場合も、もちろん顎間ゴムは使います。

ゴムは表側に用いたほうが効果的なので、表側に透明のボタンを着けて目立たないようにしながら使用してもらいます。

それでも目立つのが気になる場合は、裏側にゴムを用いていただくことも可能です。

こちらは裏側矯正で、裏側にII級ゴムを用いた例です。

お仕事などでどうしても表側にゴムをかけたくない、でもできるだけ長時間ゴムを使用していたいという方はこちらの方法を選択していただいています。

気になることはなんでも相談してください

このように顎間ゴムは非常に効果的な治療法ですので、歯科医師の指示に従って適切に用いるようにしてください。

でも、日々の生活で気になることなどはゴムの使用前はもちろん、使用中にもたくさん出てくると思います。

そんな時は遠慮せずにかかりつけの歯科医師にその都度相談し、解決していくのが矯正治療生活を上手に送っていくコツです。

TOP