無料カウンセリング予約受付中!!
無料カウンセリング
ご予約受付電話番号0120-811-817カワイイ-ハイナ

Column

コラム

2020.09.18

出っ歯、口ゴボ、過蓋咬合の矯正治療例(kawaii矯正)

みなさんこんにちは。K Braces矯正歯科原宿駅前 院長の小林聡美です。

今回は

  • 出っ歯
  • 口ゴボ
  • ディープバイト(過蓋咬合)

kawaii矯正で治療を行った症例について報告させていただきます。

※こちらの記事は今回の患者様の事例です。実際の治療は個人差がありますのであくまで参考とお考えください

口ゴボがとても気になり矯正治療を決意

18歳女性。口ゴボ(口元突出、口元が出ている状態)の改善のご希望で来院されました。

横顔の写真ではいわゆる「口ゴボ」の状態であることがわかります。

患者さまはこの口ゴボを大変気にされていました。

顎には若干ですが梅干しジワもみられました。

口ゴボの大きな原因はディープバイトと出っ歯

初診時の口腔内の写真を見てみましょう。

上の前歯が突出していることが分かります。

また、前歯のかみ合わせも深く、ディープバイト(過蓋咬合)の状態を示しています。

この「出っ歯」で上唇が出っ張り、ディープバイトで下顎が引っ込んで見えることで口ゴボの状態になってしまっています。

患者様へのご説明、治療プランの決定

無料カウンセリングから診断を経て、患者様とリスクや副作用などについてのお話を入念に行い、ご納得を頂けました。

こちらのご説明内容はとても重要な情報ですのでいつも掲載しています。お読みの方はぜひチェックしておいてください。

  • 診断:上顎前歯の唇側傾斜、deepbite、上下顎の叢生、上顎側切歯のcross bite
  • 治療法:上顎左右第一小臼歯の抜歯、表側矯正装置(kawaii矯正)による治療
  • 治療期間:2年1ヶ月
  • リスク:治療中の虫歯の可能性、上顎前歯部の歯根吸収
  • 副作用:治療中の矯正装置による口内炎、治療後の抜歯部位の後戻り
  • 治療費:85万円(消費税別)※学生割引適用価格
    kawaii矯正は、毎回の調整時(調整料:五千円)にモジュール、エラスティックをお好きなものにカスタマイズできます。
    kawaii矯正は治療ごとに調整料5,000円(消費税別)が発生します。

抜歯の本数を少なくしての治療

最初の治療計画では、上下顎4本の小臼歯を抜歯して前歯を後退させる治療計画をご提案しましたが、歯を抜く本数を少なくしたいとのご要望がありました。

そのご希望に沿う形でより患者様が受け入れやすい治療計画を提案させていただきました。

治療計画を立てるにあたり患者さまとの意識のすり合わせはとても大切なものです。

結果、上顎のみの抜歯で可能な限り前歯を後退させ歯並び咬み合わせの改善を行うことになりました。

kawaii矯正を楽しみたい!

今回患者さまが表側矯正をお選びになったのは当クリニックオリジナルの「kawaii矯正」を楽しみたいというのが大きな動機でした。

kawaii矯正は、表側矯正装置を可愛く装飾することで、治療中も積極的にお洒落を楽しもうという「見せる矯正」です。

kawaii矯正のメリットは大きく二つあります。

可愛くおしゃれに演出できる

普段は飾ることのない「歯」というパーツを、まるでピアスのように飾ることができます。

歯並びが目立たない!

これは実は大きなポイントなのですが、装飾することで歯並びが目立たなくなります。「見せる矯正」ですが歯並びをやんわりと隠すことができますので、矯正治療中に歯並びを気にすることがグッと減ります。

 

このようにkawaii矯正は矯正治療中のストレスを大きく軽減することができると実感しています。

kawaii矯正の実例集です

患者さまのkawaii矯正をいくつかご紹介します。

 

四色使っていますが派手さはそれほどありません。

 

パステル調の色調がお好みの患者さま。

 

ビビッドなブルーと赤を奥歯にアクセントに使っているのがお分かりになりますでしょうか。

 

こちらはピンク一色にしたものです。

 

 

キュートな色調。ピンクが好きな患者さまです。

 

…お気づきでしょうか?

上から下に時系列に並んでいますが、歯並びの違いがあまり目立ちませんね。

 

このように矯正治療中も歯並びを気にせず大きな笑顔で生活することができる、それがkawaii矯正の素晴らしいところです。

 

kawaii矯正を楽しみながら口ゴボが改善されました!

 

 

治療後の写真です。

大変スッキリした横顔になりました!

 

出っ歯とディープバイトも改善されました。

 

治療期間は、2年1ヶ月(25か月)でした

最初の治療計画よりも抜歯の本数を少なくした分若干治療期間が長くなりましたが、治療期間中kawaii矯正を楽しむことができて良かったと患者さま。

  • 抜歯とその後の凸凹の改善:6ヶ月
  • 抜歯したスペースの閉鎖:12ヶ月
  • 最終的な咬み合せと配列の調整:7ヶ月

出っ歯とディープバイトが改善され、とても良い歯並びとかみ合わせを得ることができました。

上顎のみの抜歯でしたが口ゴボの改善も行うことができ、ご本人もとても満足していただきました。

また、kawaii矯正で矯正治療中もとても楽しめたとお話してくださいました。

参考文献(サイト)

Deepbite(ディープバイト)の治療は治療計画の立案がとても大切です。

https://www.ajodo.org/article/S0889-5406(12)00580-X/pdf

 

Deepbite(ディープバイト)の治療は矯正用インプラント(ミニスクリュー)が用いられることが多くなりました。

https://www.ajodo.org/article/S0889-5406(18)30930-2/pdf

どうぞお気軽にご連絡ください!

TOP