無料カウンセリング予約受付中!!
無料カウンセリング
ご予約受付電話番号0120-811-817カワイイ-ハイナ

News

ニュース

2020.07.25

第4回「美歯Navi」収録に参加しました

こんにちは。K Braces矯正歯科原宿駅前院長、小林聡美です。
先日、TOKYO MXのオーラルケア専門番組「美歯Navi」第4回の収録に参加して参りました。

(放映は8月1日20時30分からスタートです!)

前回の収録の様子はこちらになります。

「美歯Navi」収録の様子をレポートします

前回の動画はこちらです。ぜひご覧ください!

今回の「美歯Navi」収録の様子について

今回も、前回と同じ新橋のスタジオでの収録となりました。

二度目とはいえ、久しぶりのテレビカメラの前では緊張しましたが、出演のキャイ〜ンのお二人とモデルの谷まりあさんがとっても気さくで楽しく、前回の収録の時よりはリラックスできたと思います(笑)。

他の先生のお話もとても勉強になりました

美歯ナビは数名の歯科医師が参加しお話をする番組です。

他の先生方はマウスピース矯正、ホワイトニング、そしてとても大切な院内の感染対策についてお話しされており、こういうお話をお聞きする機会としてもとてもためになりました。

私は3Dデジタル矯正を「美歯Navi」でお話しました

前回の放送ではkawaii矯正を中心にご説明させていただきましたが、今回は当クリニックの治療の技術を支える3Dデジタル矯正、特に「術後シミュレーション」と「高精度カスタムワイヤー」を中心にご紹介させて頂きました。

3Dデジタル矯正の術後のシミュレーション

3Dデジタル矯正は治療の最初の段階で患者さまの3Dモデル(バーチャルペイシェントと言います)を作成し、コンピュータで動かしながら治療の進め方を決めて行きますが、今回は特に「術後シミュレーション」のソフトウェアにフォーカスしてご説明をしました。

こちらの歯科用CTでスキャンしたデータを専用のコンピューターソフトウェアでシミュレーションします。

座位による歯科用CT撮影の様子

 

これがソフトウェアで作成した3Dモデルのひとつです。

骨格から歯茎の内部まですべての状態を取得し、動かしながら細かくチェックして行き、術後の状態まで確認して参ります。

3Dシステムによるヴァーチャルペイシェントの顎画像

術後の様子を患者さまと共有し、そしてその過程で治療計画を決めていくのはとても重要なことです。

今回はそのための最新技術をぜひ皆さまにお伝えしたいと思っていました。

↓3Dモデルについてはこちらをご覧ください

3Dデジタル矯正の3Dモデルを説明します

↓3Dモデルを作成し、患者さまと共有するお話はこちらです

診断と治療、技術力が築くのが「楽しむ矯正」です

高精度カスタムワイヤーによる治療期間の短縮

また、ホームページのコラムで幾度も触れていますが、3Dデジタル矯正の高精度カスタムワイヤーとそれを使用することによる治療期間の短縮についてもお話させて頂きました。

ブラケットによる矯正治療の要となるのがワイヤーです。ワイヤーの質や設計が治療の品質を左右すると言っても過言ではありません。

↓裏側矯正でのカスタムワイヤーをご説明しています

3Dデジタル矯正のオーダーメイドのカスタムワイヤー

デジタルデータの情報をもとに、ロボットがひとつひとつ高精度に加工して行きます。

もちろんkawaii矯正についてもお話しました!

今回は技術的なお話が中心となりましたが、当クリニックがお勧めしている、矯正期間中を楽しく過ごすkawaii矯正についてもお話させて頂きました!

表側矯正を可愛く装飾する、口元を彩ってくれるkawaii矯正です。

その素晴らしさ、矯正中の楽しさをぜひ体験頂きたいと思っています。

美歯Naviは8月1日(土)20時放映です!

今回収録された第4回の美歯Naviは

8月1日(土)20:30〜

に放映される予定となっております。私自身もとっても楽しみにしています。

皆様の役に立つお話ができたと思いますので、ぜひ期待してくださいね。

どうぞお気軽にご連絡ください!

TOP