kawaii矯正®のコラム

  • HOME
  • コラム一覧
  • 症例:上下前歯の凸凹(叢生)のマウスピースによる矯正(治療期間6ヶ月)

症例:上下前歯の凸凹(叢生)のマウスピースによる矯正(治療期間6ヶ月)

2019.01.31
監修
K Braces矯正歯科原宿駅前
院長 小林聡美 Satomi Kobayashi
  • アメリカアラインテクノロジー社認定 インビザライン専門ドクター
  • デンツプライシロナ社認定 SureSmile Advance/Orhto/Aligner 認定クリニック院長
  • アラガン社認定 VST:Very Sophisticated Treatment 施注資格ドクター
都内矯正専門クリニック 院長を経て、
平成30年にK Braces矯正歯科原宿駅前院長就任。
発表論文、テレビ出演多数。
インスタグラム
YOUTUBE
LINE
facebook
ツイッター
みなさん、こんにちは。K Braces矯正歯科原宿駅前 院長の小林聡美です。
K Braces矯正歯科原宿駅前では、最短6ヶ月の治療期間で矯正治療が行えることをホームページ上でも書かせていただいております。
 

最短6ヶ月で治療を行えるデジタル矯正システム

前回は開咬の症例で、部分矯正により6ヶ月で治療が終了した症例をご覧頂きました。
こちらもぜひ参考にしてください。

コラム 症例:上下前歯の凸凹(叢生)と開咬の矯正治療例(治療期間6ヶ月)

ここでご紹介する私が治療を行った症例は、マウスピース型矯正装置による矯正治療(インビザライン)により6か月で治療が終了したケースです。

※今回の患者様の事例です。実際の治療は個人差がありますのであくまで参考とお考えください。
 

短期間での治療をご希望で非抜歯を選択

この患者様は、歯の凸凹の改善をご希望され、来院されました。上下顎前歯に比較的大きな凸凹(叢生)が認められました。

▼こちらが術前の患者様の口腔内写真です。

 

 

患者様へのご説明、治療プランの決定

まず、患者様とリスクや副作用などについてのお話を入念に行います。
 
診断 上下顎中等度の叢生、上下顎前歯のわずかな唇側傾斜
治療法 非抜歯、マウスピース型矯正装置による矯正治療(インビザライン)
治療期間 6ヶ月
リスク 前歯部のブラックトライアングル、装置による口内炎
副作用 治療中の発音への影響、治療後の凸凹の後戻り
 
抜歯による治療も検討したのですが、患者様の「治療期間をできるだけ短くしたい」という強いご要望がありました。

ですので非抜歯とし、ディスキング(IPR:Inter Proximal Reduction)を行い、インビザラインによる治療を行いました。
 

6ヶ月でこの歯列になりました

▼こちらが、6ヶ月の治療期間を終えた口腔内の写真です。

 
歯の凸凹、前歯の咬み合わせの状態が改善され、とても綺麗な歯並びになりました。

叢生の改善とIPRによるスペースの閉鎖 4ヶ月
最終的な歯並びとかみ合わせの微調整 2ヶ月
 

患者様のご希望を叶えた治療でした

歯を抜くことなく、短い治療期間で、さらにマウスピース型矯正装置による矯正治療(インビザライン)により、今回の結果を実現したことで患者様には大変満足していただきました。

そして術前に予想されていたブラックトライアングルの出現は、最小限に抑えられ、正確に歯並びを整えることができました。

適切な診断と治療方針を基にした矯正治療を行うことで、インビザラインによりわずか6ヶ月の治療期間でとても効果的な治療が行えることをお分かりいただけたと思います。
 

  今後も、今回の治療例のように医療法の広告ガイドラインに添った適切な形式で、術前術後の症例をご紹介していきたいと思っています。
 

<前のコラムへ   次のコラムへ>

コラム一覧に戻る

インスタグラム
YOUTUBE
LINE
facebook
ツイッター
お問い合わせ
kawaii矯正 K Braces
無料カウンセリング実施中
無料カウンセリング実施中